2005年5月20日 (金)

絵を見に行った

およそ自分の趣味からはあまり考えられないのであるが、昨日秋田県立近代美術館へブラティスラヴァ世界絵本原画展を見に行った。友人の現・実くんのお誘いでいったのである。「こんな平日にサラリーマンがなぜ?」と思う鋭い方も居るかもしれないが。まぁ、私の事情は追々記事にしていくかもしれない。
まぁいい本題である。絵をじっくり見るなんて事は今までの自分の趣味には無いことである。しかしだ、良くできた絵を見るのはこんなにも楽しい事だと始めて気が付いたね。作者が何を伝えようとしているのかとか、そんな事を想像するのは面白い。物によっては時代背景を反映していたりするのだろうが、僕はあまり近代史にもそんなに詳しく無いのでその辺も含めてみられればもっと深く鑑賞出来るんだろうな。
あと、現・実君が画材関係の話や手法の説明をしてくれたんで、その辺も絵を鑑賞するのには役だったね。彼には感謝である。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31