« プジョー306の歴史 | トップページ | プジョー306のいいとこ »

2005年7月13日 (水)

AthlonXPの限界温度

AMDのサイトで実際にデータシートをみてFSB333MHzのモデル10(2500+〜3200+)の最大ダイ温度を調べてみました。そしたら85℃となっていました。だからAthonXP自体は熱に強いCPUと言えますね。
でも、ソフトウェアクーラーではノースチップセットとCPUをHALT命令で切り離す(らしい)ものなんで、CPUの発熱自体を抑えるためにCPUの消費電力を抑えて居るんですね。でも実際に使うと自分の環境でフル稼働で58℃なのがアイドルで39℃まで下がるし、MPEG再生くらいでは44℃くらいですから大変有効と言えるでしょう。Cool'Onとsk2ctlの二つが有名らしいですが、常駐型のsk2ctlを僕は使用してます。これならパフォーマンスに満足していればCool'n'Quietをあてにして、慌ててAthlon64に切り替える事も無いかと。64FXや64x2を使いたいんでなければですがね。

« プジョー306の歴史 | トップページ | プジョー306のいいとこ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AthlonXPの限界温度:

« プジョー306の歴史 | トップページ | プジョー306のいいとこ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31